01-image1

2012 マス・ゼニチュード ゼニット

2012 Mas Zenitude Zenith


ゼニスという言葉はその位置から垂直に伸びる天球上の点、またはその最も高い点という意味を持つ。 このワインはエリックが作るまさに頂点に位置することからこの名前が付けられた。
The word Zenith refers to the point on the celestial sphere vertically above a given position and or the highest point. This wine is the pinnacle of all the wines made by Erik and so the name was rightly given.

・ブドウ品種: 100% シラー
 Grape Varieties: 100% Syrah
・ヴィンヤード: マス・ゼニチュードヴィンヤード
 Vineyard: Mas Zenitude Vineyard
・産地: サン・ジャン・ドュ・フォ、ラングドック
 Region/Appellation, Country: St Jean de Fos, Languedoc
・生産量: 1,500本/125ケース
 Production: 1,500 bottles, 125 cases
・クロージャー:ナチュラル コルク
 Closure: Natural cork
・So2: 16 mg/l. So2無添加. So2: 16 mg/l. No SO2 added.

ヴィンテージ


一般的に2012年は干ばつの影響で非常に難しいヴィンテージとみなされているが、 エリックの細やかで多大な時間と労力が畑で費やされた結果、ブドウは糖度・酸度・ストラクチャ‐と良好な熟度で収穫することができた。 収量は非常に少なく1本の樹からたった0.83kg、ヘクタール当たり3300kgしか取れなかった。

02-image
03-image

醸造


シラーは砂混じりの石灰粘土質土壌で北東向きの畑に1ヘクタール当たり4000本が植えられている。 果実は部分的に除梗され、果汁は重力によって円錐式コンクリートタンクへ移される、アルコール発酵の前には8~10日間のスキンコンタクトを行う。 自然発酵は全て野生酵母のみ。 そのうち少量部分はゆっくりと圧をかけ過ぎないように優しくルモンタージュする。

発酵が終わり、弱めの圧でプレスした果汁をコンクリート桶に戻し10か月熟成させ落ち着かせる。 このワインはビオディナミで指定されるプレパラシオンだけが使用され、オーク樽さえも使っていない。 So2は一切使用せずに瓶詰、日本への輸送はリーファー便。

テイスティングノート

Tasting note


テイスティングノート:
深くて豊かな濃い赤レンガ色。 ブーケにはドライフルーツ、ハーブ、オレンジピール、スミレ、マッシュルーム、土や下草など大地の香りといった心地よい第一&第二アロマが層を成す。 花やスパイシーさも感じられる、非常にクリーンで透明感のある味わい。

ミディアムからフルボディ、スパイスや赤い果実の余韻に甘味のあるチャツネの様な存在感のある味わい。 ぱりっとしたクリスピーでエレガントな酸。 果実味が口中いっぱいに広がり、スパイスとドライハーブの味わいを残す。
カラッと乾いて旨味の乗った噛み応えのあるフィニッシュは脂がきれいに乗ったサラミやゆっくりと時間をかけて火を通した肉と相性が良いだろう。





【クール便ご希望の方へ】1回のご注文が12本までであれば、通常の送料に+¥1,188(税込)でクール便がご利用いただけます。ご希望の場合は下記のボタンを押してクール便オプションをカートに入れて併せてご購入ください。
04-image