00-title

O'leary Walker オレアリーウォーカー

00-title

O'leary Walker オレアリーウォーカー


2000年、長年に渡って〝仲間″同士であった
デイヴィッド・オレアリーとニック・ウォーカーによって設立。
大手ワイナリーで25年以上にわたる経験と
プレミアムワインを作り続けた名声を築きましたが、
南オーストラリアの最高の畑で手作りかつ少量生産にこだわった
ワインを造りたいという夢を自らの手に託したのです。
そしてこの後に続く理論は、
かなり異なる栽培環境で素晴らしく適応するブドウ品種に向けられます。


O'Leary Walker Wines was established in 2000
by winemakers and long time great “mates” David O'Leary and Nick Walker.
With over 25 years experience and established reputations
making premium wine with the big companies,
they decided to take control of their own destiny and
craft small batches of wine from some of the best vineyard
sites in South Australia.
The theory behind this is to draw on the grape varieties
that excel in these quite different viticultural climates.


David O'Leary

ディヴィッド・オレアリー


ディヴィッドは1980年にローズワーシー農学校(現・アデレード大学)を卒業。
彼のワイン業界でのキャリアは1977年、クレアヴァレーのスタンレーワインカンパニーでブライアン・バリーの下、ヴィンテージの試験室アシスタントとして始まりました。

それがまさにクレアヴァレーのリースリングに初めて出会ったその時になったのです。ディヴィッドはそれから1年間ペタルマで修行し、タスマニアのヘームスケルクワインでヴィンテージを終え1981年にシャトー・レイネラに入りました。1982年9月、トーマス・ハーディーとその息子達がシャトー・レイネラを買収し、ディヴィッドは1990年からハーディーズ.全グループの赤ワイン醸造家として、1994年にミルダラ・ブラスに入るまでその役割を担いました。

ハーディーズとミルダラでワインメイキングをする間、フランスとカリフォルニアでも醸造の経験を積んできました。ディヴィッドのゴールは不変です、彼は単に素晴らしい魅力的なワインを造りたい。そこに尽きるのでした。


David graduated from Roseworthy Agricultural College in 1980. David began his career in 1977-1978 with the Stanley Wine Company in the Clare Valley, doing a vintage as lab assistant under Brian Barry. It was at that time that David was introduced to Clare Valley Rieslings. David then spent a year with Petaluma and completed a vintage in Tasmania working for Heemskerk Wines before joining Chateau Reynella in 1981.

In September 1982 Thomas Hardy and Sons purchased Chateau Reynella.
David was appointed group red winemaker for Hardy's in 1990 and held that role until joining Mildara Blass in 1994. At Mildara Blass, he held senior winemaking roles at Quelltaller Estate in the Clare Valley where he launched Annie’s Lane and at the Mildara Coonawarra based Jamieson's Run winery. During his time with Hardy's and Mildara Blass, he also made wine in France and California.


03-image
02-image

NickWalker

ニック・ウォーカー


ニックはローズワーシー農学校を1982年に卒業しました。そして父親と祖父の後に続き三代目の醸造家となりました。1983年、彼はクロンドルフワインのバージ&ウィルソンチームに加わりアシスタントワインメイカ―となります。

この間、彼は当時の素晴らしいエデンヴァレーのリースリングを生み出すことに尽力し、いくつかのワインショーでかなりの成功を収めました。
1998~1999年、ニックはイエローグレンのスパークリングワイン醸造責任を任され、2000年にはヤラリッジのチーフワインメーカーに就任にしました。彼の14年間以上に渡る経験はミルダラ・ブラスグループでの責任はクロンドロフ、イエローグレン スパークリング、ヤラリッジ、ベイリーズ、セント・ヒューバートに費やしたものでした。

ニックの哲学は至ってシンプル。最高のぶどう畑から生まれる最高のワインを造ること。そして少しだけ魚釣りに行く時間があればいいのです。


Nick graduated from Roseworthy Agricultural College in 1982 and then followed the footsteps of his father and grandfather to become a third generation winemaker.

In 1983 Nick joined the Burge & Wilson team at Krondorf Wines as an assistant winemaker. During this time Nick was instrumental in making some of the great Eden Valley Rieslings of the time and had enormous success on the show circuit with his wines.
Nick undertook sparkling winemaking duties in 1998/1999 at Yellowglen and was chief winemaker at Yarra Ridge in 2000. Nick spent over 14 years with the Mildara Blass group responsible for brands including Krondorf, Yellowglen Sparkling wines, Yarra Ridge, Baileys and St Huberts.

Nick's philosophy is pretty simple, make the best wines possible from the best vineyard sites, and leave a little time for fishing.

Wine making

ワイン醸造


オレアリーワインズはディヴィッド・オレアリーとニック・ウォーカーが才能豊かな若手醸造家チームとタッグを組んだ、手造り感溢れるワイナリーです。全てのワインは厳選された産地の各々の個性をしっかりと反映させ素晴らしいワイン生み出せる畑から造られています。畑の選別は極めて慎重で、それは味わいへの深さ、地域の個性がしっかり表現できるワインを生産する要となります。
ワイン醸造においては、赤・白へのタンクプレス等近代的なテクノロジーを受け入れつつも伝統的な2-4トンの開放式発酵槽を頼っています。この容器は続いて起こる発酵とフルーツの品質査定に理想的です。適度な圧力でのプランジングと温度管理が最大限に味わいと色合いを抽出します。
殆どのウォーターヴェイル地区の畑は無灌漑、自動調節で育ちます、というのは自然とのバランスが取れ、季節ごとの環境にもしっかりと適応し高品質の果実が程よい量で育成されていることを意味します。


O’Leary Walker Wines are handcrafted by David O’Leary and Nick Walker in conjunction with a talented young winemaking team. All of our wines are purpose made from individual vineyards, carefully selected from specific regions to produce wine of great quality to reflect their true origin.
Vineyard site selection is critical and is the lynchpin to producing wines with depth, character and regional personality.
They embrace modern technology with the use of tank presses for white and red pressing but still rely on the traditional two and four Tonne open fermenters.
These vessels are ideal for closely following the progress of fermentation and assessing the quality of fruit received. Gentle hand plunging and control of temperature allows you to maximise the colour and flavour extraction. Many of our Watervale Vineyards are “dry grown” and are self regulating, which means they are in balance with nature, producing modest crops of high quality and ensuring survival throughout seasonal variations.
04-image
04-image

Regions Wine

地区


ポーリッシュヒルリヴァーの粘板岩で、二つの地区の違いを引き起こすウォーターヴェイルの石灰岩とは対照的です。


It is the slate of Polish Hill River, as opposed to the limestone of Watervale that gives rise to the point of difference between these styles.


Wine List

ワインリスト







株式会社 AWines  エイワインズ   info@awines.jp


〒063-0823 札幌市西区発寒3条1丁目10-13