01-image1

2014 オレアリーウォーカー ブルーカッテイングロード カベルネ・メルロー

2014 O’Leary Walker Blue Cutting Road Cabernet Merlot


・ブドウ品種: 85%カベルネ・ソーヴィニヨン、15%メルロー
・ヴィンヤード: モロイズ ヴィンヤード
・産地・国: ポーリッシュヒルリヴァー/クレアヴァレー/オーストラリア
・アルコール度数 Alcohol : 14.8%
・クロージャー:スクリュー・キャップ Closure: Screw cpap
・農法:有機 Status: Organic

このワインについて


1890年代後半にブルーカッティングロードは雇用待ちをしているポーランド人移民によって手作業で掘られました。クレアヴァリーのポーリッシュヒルリヴァーに位置します。この道は単に、深い茂みに阻まれた2本の幹線道路をつなげただけではなく私達に貴重な、素晴しい味わい果実を提供してくれる2つの畑を開墾してくれたのです。

移民による影響は明白で、彼らの労働の成果の多くがこの美しいクレアヴァレーで今も息づいているのです。ニックとデイヴィッドは、そうした彼らの永続するクオリティに対して深く敬意を払っています。

この二つの畑はマーティン&ジョアン・スミスが所有しており、クレアヴァレーのこの小地区ならでは素晴しい個性を存分に発揮できる代表的な区画です。これらの畑へと続く道はブルー・カッティングロードと呼ばれており、この畑の基盤となります。酸が高めの灰色ローム土壌が砂岩と粘板岩を覆っており、岩が散らばった表層土のプロファイルを形成。ここで確実に全体のバランスをとる栽培者の仕事は言うまでもないがこれはぶどう樹が生育を維持し、高い品質を生み出す事がいかに大変であるかを暗示しています。ここの葡萄樹は植え付けの1970年代からずっと有機農法で育てられ、2012年にNASAAの有機認証を取得しています。其々の品種は破砕時にブレンドされ、2-4トンという小型の発酵漕で12日間天然酵母とハンドブランジで発酵を行います。15日間の果皮浸漬はタンニンの複雑味を高め味わいと余韻を最大限に引出ます。圧搾した果汁をタンクで4日間、その後澱おびきをします。全体の25%をフレンチオークの新樽で、75%を落ち着いたオーク樽で2年間熟成されます。
2014年は比較的穏やかなヴィンテージで均衡のとれた長い成育期により品種の個性がよく出て酸のしっかり乗りました。よって熟成のポテンシャルが非常に高く複雑味が期待できます。

02-image
04-image

テイスティングノート

Tasting note


テイスティングノート:
クリーンで深い赤レンガの色調。香りにはマルベリー、カシス、チェリーなど完熟した夏の赤系果実感が溢れている。ユーカリプタスといったクラシカルなクレアヴァレーのテロワールに起因する個性もしっかりと現れ、オークが複雑味とストラクチャを与えている。味わいのしっかりとしたフルボディ。かみごたえのある骨太な酸がリッチでふくよかな味わいに仕立て、豊かだけども乾いた細かいタンニンとのバランスがとても良い。余韻が長く心地よい赤ワインだ。




【クール便ご希望の方へ】1回のご注文が12本までであれば、通常の送料に+¥1,188(税込)でクール便がご利用いただけます。ご希望の場合は下記のボタンを押してクール便オプションをカートに入れて併せてご購入ください。


株式会社 AWines  エイワインズ   info@awines.jp


〒063-0823 札幌市西区発寒3条1丁目10-13