01-image1


2015 ネリンガ シャルドネ

2015 Ngeringa Chardonnay


・ヴィンヤード:サミットヴィンヤード(東向き)
 Vineyard : Summit (east-facing) Vineyard
・産地Region : アデレード・ヒルズ Adelaide Hills

・アルコール度数 Alcohol : 12.2%

・ワインメーカー Winemaker :エリン・クライン Erinn Klein

・クロージャー Closure :スクリュー・キャップ Screw Cap

・生産量 Production : 208 ケース Cases

オーガニック・バイオダイナミック認証: No. 5184 NASAA (National Association for Sustainable Agriculture, Australia)
(写真は2013年となっていますが、出荷は2014年になります)





このワインについて


海抜380m、粘土を砂礫ロームが覆っている土壌構成で東向きのサミットヴィンヤードにシャルドネは植えられています。畑の頂上からは冷却風をもたらしてくれるレイク・アレグザンドリーナとマレーリヴァーの河口が望めます。密植度は1ヘクタール当たり6800本。ドラマティックでまさにオーストラリア中の記録の両極端を行くような年でした。 南オーストラリア、アデレードヒルズ辺りではこれまでの記録の中でも2番目に暑い年間平均気温となりました。10月からの降水量は平均に比べ著しく少なく、12月の更なる気温上昇により結実は早かったです。1月は更に勢いを増した熱波の到来、アデレードでは5日間も42℃を記録しました。平均よりも暑い日中と暖かい夜間の気温によりヴェレイゾンも早く始まりましたが、いつも通りアレグザンドリーナ湖から吹き込む涼風により夜間の気温をなんとか抑えることができました、この事が極端に最悪な事態から我々を免れさせてくれました。2月に入ると全体の均衡状態はさらに変化。初旬には激しい嵐、中旬には強風。13日・14日の二日間で100m以上の激しい雨の後、暑く乾いたコンディションへと終息したのです。このような荒れたコンディションの結果、収穫時に最適な味わいを確実にする為各々の品種に対し慎重な考慮が要求された非常に長いヴィンテージとなりました。
収穫は全て手摘み、発酵前の好気性醸造、最小限温度コントロール、酵素などの添加は一切なしの100%野性酵母による発酵、穏やかな抽出、自然に起こるマロラクティック発酵、100%、全房プレス、100% 樽発酵で新樽率は30%、1年の樽熟成、清澄作業なし、 自社瓶詰、瓶詰前に必要であれば最小限のSO2。
02-image

テイスティングノート

Tasting note


とても良く出来た冷涼気候が生みだす複雑味あふれるシャルドネの好例です!香りと味わいの双方に果実味と樽から由来する味わいが混ざり合い、素晴らしい複雑さを表現しています。 ミックスナッツ、サマーフルーツ、カモミールティー、春の野原に咲く花のようなアロマが凝縮されています。味わいは引き締まり切れの良い酸と心地よいいくつもの異なる味わいが完璧なバランスを取り素晴らしい調和を見せています。テクスチャのふくよかさは澱との漬け込みと乳酸発酵から由来しています。フレンチオークがワインとその余韻を非常に長いものとしておりシャルドネ好きの心をつかんで離さないワインでしょう。
02-image


【クール便ご希望の方へ】1回のご注文が12本までであれば、通常の送料に+¥1,188(税込)でクール便がご利用いただけます。ご希望の場合は下記のボタンを押してクール便オプションをカートに入れて併せてご購入ください。


株式会社 AWines  エイワインズ   info@awines.jp


〒063-0823 札幌市西区発寒3条1丁目10-13